« 2008年2月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年5月の2件の記事

2008年5月19日 (月)

浦和木の家セミナー第4回「間取りづくり体験講座」

Hp_5 事務所スタッフの中嶋浩平です。

5/17(土)浦和木の家セミナー「間取りづくり体験講座」(木の家だいすきの会主催)を開催しました。

今回の担当建築家は澤野と風組・渡邉設計室の渡邉義孝さんです。テーマは「土地の条件を活かした間取りづくり」。参加者は2組(Iさんご夫妻、Hさんご一家)で、それぞれご自身の土地で間取りづくりを始めました。

まず住みたい家のイメージをポストイットに記入してもらいました。「リビングは8帖欲しい」「浴室は1坪以上欲しい」など数字で解決できる希望と、「子供達の様子が分かるように全体が見渡せるキッチンが良い」というように間取りの工夫が必要なものなど、希望条件をグループ分けして貼り付け、イメージを整理していきます。

次に、必要な室名と広さを列記して、イメージしている家全体のボリュームを出します。ここで法的な建ぺい率や容積率のチェックも行います。

今まで整理した各室の条件や広さをもとに間取りを検討していきます。敷地のどこに建物を配置するか、各室の位置や関係などを「だんご図」と呼ばれる形で敷地の上に描いていきます。ここでは隣の建物の状況、土地の高低差など敷地周辺の状況や、光や風の入り方、人や車の動線などを考慮して建物の配置を検討していきます。

最後に各参加者がどんな間取りを検討したのかを発表しました。参加者の方からも「敷地の有効な使い方のヒントが得られて良かった」、「こういうやり取りは今住んでいる家をつくる時には全然ありませんでした。これが設計というものなんですね」などの感想を頂きました。

次回も間取りづくりセミナへの参加お待ちしています。

Hp04_5 Hp02_3 Hp03_4 Hp05

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月10日 (土)

さいたま市K邸 竣工

Hp01事務所スタッフの中嶋浩平です。

先月担当していたK邸が竣工しました。

本をこよなく愛するご夫婦の住宅です。

2000冊の本を収納する為に、リビング吹抜けの壁一面(幅3.8m高さ5.0m)に本棚を造りました。

構造材は宮崎県のおび杉で統一され、リビング吹抜けの窓は柱梁と一体にデザインしています。

床は無垢材のフローリング、壁・天井はホタテパウダーを原料とした塗装材を使っています。その他にも、リビング吹抜けには一部杉板、和室には土佐和紙、キッチン・トイレには消臭効果のある白竹炭塗料を使った自然素材の住宅です。

今後このブログで、K邸の着工から竣工までの様子をご紹介していきたいと思います。是非見に来て下さい。

Hp04_2 Hp09 Hp03 Hp08 Hp07 080329_025_5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年8月 »