« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月の7件の記事

2008年11月29日 (土)

祝!!東京都K邸 表彰式!

先日トステム東京ショールームにて、以前ブログでもご報告しました『トステム第2回設計コンテスト』の表彰式に出席してきました。

081128010_2

このコンテストはサッシ、玄関、キッチン、バスルームの4部門の設計コンテストで、各部門に金、銀、銅賞や特別賞などが選ばれました。

081128012_2

澤野建築研究所から出品した「K邸」(上写真)は、サッシ部門の銅賞を頂きました

081128016

サッシ部門は今年のコンテストから新設されたもので、100件を超える応募があり、全部門の応募数の2/3が、サッシ部門の応募だったそうです。

081128022

サッシ部門の受賞者全員での記念写真。(左から2番目が澤野)

同じオープンウィンという商品を使いながらも、各受賞者ごとに使い方や意図が違い、それぞれの個性が表現されていました。大変勉強になりました。

081128024

頂いた賞状とトロフィーです。担当した物件が賞を頂いて非常に嬉しいものです。これを励みにしていきたいなと思います。

スタッフ:中嶋浩平

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月26日 (水)

第2回トステム設計コンテスト入賞

去年竣工しました「K邸」が第2回トステム設計コンテストのサッシ部門にて入賞致しました。

Photo

このコンテストはトステムの商品を使っている物件が対象のコンテストで、K邸ではフルオープンにすることが出来る「オープンウィン」という商品をリビングに採用しました。

Photo_2

フルオープンにした状態です。隣接する緑地公園に面するようにリビングを配置し、公園側の2面をフルオープンサッシとすることで、緑豊かな眺望を楽しめる開放的な空間となっています

070601011

サッシの間にはK邸オリジナルデザインのまきストーブを設置しています。長野のストーブ職人さんに製作をお願いしてる一点ものです。K邸ではパンやピザを焼けるオーブン機能を組み込んでいます。

Photo_4

完成パーティーにお招きをされた際に実際にストーブの暖かさを体験しました。空調暖房と違い、火の放射熱によって体の芯まで暖かくなりました。まきが燃える様子をガラス越しに見るのも楽しみの一つです。

現在まきストーブのある家を体験できる機会を企画中です。具体的に決まりましたらブログにもアップしますのでお楽しみに!

事務所ホームページの作品集も是非ご覧下さい。

スタッフ:中嶋浩平 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月24日 (月)

えじり保育園14 1階支保工払い/サッシ製品検査

141

2階のコンクリート打設が無事完了しました。

コンクリートの養生をしながら、勾配屋根のコンクリート打設の為の作業を進めています。

142

1階の支保工が外れました。1階が広々と見渡せるようになりました。

143

足洗場の工事も始めています。

 

翌日、YKKAP静岡工場にて、サッシの製品検査を行いました。

144

事務室に設置される開き戸。

サッシが図面通りに製作されているか確認を行いました。

145

これは保育室の4枚建引違い窓。

146

園児の触れる恐れのある窓なので、手挟み防止として緩衝ゴム付としています。

147

アルミサッシの表面には耐食性を高める為、陽極酸化塗装複合皮膜

という表面処理がなされています。

その厚みは16μm以上と非常に薄く、目視では確認できません。

膜圧測定器という特殊な機械で膜圧に問題がないか確認を行いました。

全てのサッシに問題がないことが確認できたので、

現場へ運び、取り付けられることになります。

写真/文 花田茂

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月22日 (土)

OZONE建築家5人展「建築家ホテル」開催中

スタッフの中嶋浩平です。

先週11/13からリビングデザインセンターOZONE 5F特設会場にて

建築家5人展 第4弾「建築家ホテル」がスタートしました。

澤野建築研究所からは『山の上ホテル』と『ホテルロイヤルオーセンティック

の2作品を出展しています。

開催期間は11/13~来年1/20までです。

詳細はこちらまでhttp://www.ozone.co.jp/event_seminar/event/detail/679.html

200811131209000_10

Dscn0003_10

会場全体の様子。5人の建築家がそれぞれのブースでパネル、模型を展示しています。

Photo

澤野建築研究所のブースの様子。パネルはA1サイズで、写真・図面を載せています

模型は縮尺1/50で制作、細かな意匠もつくり込んであります。

200811181656000

山の上ホテル模型。

200811181656001

ホテルロイヤルオーセンティック模型。

200811181658000

事務所案内、住宅作品カード、作品写真付きの名刺などフリーテイク資料もあります。

来年1/20まで開催していますので、是非一度足を運んでみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月17日 (月)

えじり保育園13 2階配筋検査

1301

2階配筋がほぼ完了したので、配筋検査を行いました。

1304

全体をくまなく見て周り、おかしな箇所に変更指示を出していきます。

上のメジャーを当てている写真は鉄筋が等間隔に配置されていなかった為、

修正をお願いした箇所です。

1303

設計図を広げて再度確認します。

1302

写真左は鉄筋を溶接している人、写真右は型枠を抑えるPコンを締め付けている人です。

同時に多くの職人さんが現場で作業します。

1305

梁を貫通するスリーブの左右には鉄筋を多く入れて強度を高めます。

1306

柱の上部、梁の鉄筋が交差する箇所にも補強筋を入れています。

1307

2階キャンティレバー(突き出し)です。定規を当てながら等間隔になるよう配筋しています。

いよいよ、2階コンクリートの打設です。

写真/文 花田茂

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月10日 (月)

えじり保育園12 2階配筋②、シンボルツリー切断位置決め

着々と、鉄筋工事、型枠工事が進んでいます。

1201_2

2階のボリュームも大分わかるようになってきました。

1202

2階ホール部分を撮影。

この部分の屋根は勾配屋根なので、今回のコンクリート打設ではなく、

次回のコンクリート打設になります。 

 

次の日、再び天竜へ行ってきました。

前回倒した樹のシンボルツリーに使用する範囲を決める為です。

1203

雨の強い日だったので作業ができるか心配でしたが、

樹へ到着したときは運よく比較的小降りになっていました。

枝をトラックに積める1mの長さまで落として貰いましたので、

枝ぶりの見事さがよく確認できます。

1204

メジャーで長さを図りながら一番良い位置を調べていきました。

1205

シンボルツリーとなる範囲を黄色いテープで印をつけました。

今後、貯木場へ運んで貰い、枝をどの程度残すかをまた打ち合わせに行く予定となっています。

写真/文 花田茂

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 3日 (月)

えじり保育園11 2階配筋①

1階のコンクリート打設に続き、2階躯体の鉄筋工事と型枠工事を行っています。

Blog111

東南より撮影。打放し仕上げとなる外部柱が手前に見えています。

柱にはタイルを埋め込む予定です。

Blog115

1階内部より撮影。柱と梁の型枠は外れていますが、

2階床のコンクリートが100%の強度が出るまで支柱は外せません。

現在はスカイライトも塞がれていてまるで竹林の中にいるようですが、

竣工時には明るい空間になります。

Blog112

2階より撮影。

2階柱の配筋については大分進んでいます。

Blog113

2階柱拡大写真。

型枠の内側が黄色なのは、パネコートと呼ばれるウレタン樹脂塗装された型枠を使用している為です。

内部のコンクリート露出箇所は表面が平らで滑らかな仕上がりとしたいので、この型枠を使用しています。

Blog114

写真左:屋内階段。写真右:屋外階段。

階段のコンクリートも綺麗に打設することができました。

写真/文 花田茂

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »