« えじり保育園17 シンボルツリー磨き | トップページ | えじり保育園18 屋上工事、軽量下地など »

2008年12月16日 (火)

さいたま市K邸~現場レポート③ 大黒柱

事務所スタッフの中嶋浩平です。

今回はK邸の大黒柱についてご紹介します。

1

長野県安曇野の松柱です。構造材と同じウッドコーディネーターの木童さんから仕入れました。元の形は長さ約2.6mの丸太なのですが、澤野が長野の工場に行き職人さんに直接指示して六角形に加工してもらいました。また、24cmの太い柱をシャープに見せるために、柱太さを床に向かってだんだんと細くしています。

6

この柱は現場で大工さんが梁に差し込む部分(ほぞ仕口)を刻みました。のこぎりを入れている凸部分が梁に差し込まれます。梁にも同じ大きさの穴を空けておき差込みます。差し込んだ凸部分に梁側面から込栓(1.5cm角で長さ12センチ程度の木材)を打ち込み固定します。

8

ほぞ仕口の完成です。凸部分の角をノミで削って差し込みやすくしている所に、大工さんの仕事の丁寧さを感じました。

080111_016

梁に差し込まれた様子。梁の側面に刺さって見えているのが込栓です。

9

14 

|

« えじり保育園17 シンボルツリー磨き | トップページ | えじり保育園18 屋上工事、軽量下地など »

さいたま市K邸」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: さいたま市K邸~現場レポート③ 大黒柱:

« えじり保育園17 シンボルツリー磨き | トップページ | えじり保育園18 屋上工事、軽量下地など »