« さいたま市K邸~現場レポート③ 大黒柱 | トップページ | えじり保育園19 屋上防水、木枠、設備工事 »

2008年12月22日 (月)

えじり保育園18 屋上工事、軽量下地など

1801

ビニールに包まれた板状のものを

1802

クレーンで一気に屋上へ。

1803 

屋根の断熱材である硬質ウレタンフォームです。

弊社のコンクリートの建物の屋根は外断熱を標準として採用しています。

屋根からの熱負荷はとても大きい為、外断熱はとても有効です。

断熱材の上にアスファルト防水をしっかり密着させて仕上げます。

今回の保育園では、さらに室内側2階の天井裏にも断熱材を敷き込む予定です。

Rimg3694

1階の様子。

各部屋の間仕切り壁の軽量鉄骨下地を取り付け始めています。

Rimg3692

壁と取り合う造り付け収納も先行して取り付けられました。

左の写真がトイレと保育室の両面から使えるパンツかご収納。

右の写真はこちらも両面から使える布団収納です。

他にもたくさんの収納が取り付けられる予定ですが、これらは全て

他のたくさんの保育園の実際の使い勝手を見学させてもらい、

保育士さんと打合せを重ねて決まっていったものです。

Rimg3705

丸窓部分を職人さんが丁寧にモルタル補修しています。

丸の下に壁から突き出ているのは小さな雨トイで、

外壁を伝わる雨だれを防止する為に取り付けたものです。

建物を長くきれいに保つ工夫として、このような細工を行っています。

写真/文 花田茂

|

« さいたま市K邸~現場レポート③ 大黒柱 | トップページ | えじり保育園19 屋上防水、木枠、設備工事 »

えじり保育園」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: えじり保育園18 屋上工事、軽量下地など:

« さいたま市K邸~現場レポート③ 大黒柱 | トップページ | えじり保育園19 屋上防水、木枠、設備工事 »