« えじり保育園24 外構、床下地 | トップページ | えじり保育園26 トイの噴水 »

2009年2月23日 (月)

えじり保育園25 木工事ほか

2502

外観がはっきり見えるようになってから、

地域の方などから“変わった建物だ”という話がでているとか。

入園希望者も沢山あったという話をきき、うれしいです。

玄関キャノピーのガラス屋根が付き、塗装がされました。

2506

内部の階段の踏板が設置されました。

踏板の先端には滑り止めとして木が埋め込まれています。

2505

各保育室には洗面台があります。

写真の3才児保育室の洗面台には雨ドイが貫通しています。

雨の強い日は“屋根で集められた水がトイを通る音”が聞こえるかもしれません。

2504

コンクリートの柱に巾木が取り付けられました。

今回の建物は細かい木工事が多くあるのですが、

木工事の職人さんの技術が高く、どこも綺麗に仕上げていただいています。

2510

軒天の塗装の様子。

外壁の塗装は止水が重要ですが、

軒天は水分が抜ける塗装にする必要があります。

2511

バルコニー床の防水材も塗布されました。

2507

北側には大きな機械が設置されました。

これはガスヒートポンプと呼ばれる、都市ガスを主な熱源とする空調室外機です。

通常の電気エアコンに比べ、ランニングコストに優れています。

消費電力が少なく建物全体の契約電力を低くすることができます。

結果、キュービクル(受変電設備)の設置免除となり、

園庭を狭くしないで済みました。

エネルギー効率の良い天然ガスを積極的に利用していくことは

地球全体のCO2発生量の抑制にもなるようです。

写真/文 花田茂

|

« えじり保育園24 外構、床下地 | トップページ | えじり保育園26 トイの噴水 »

えじり保育園」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: えじり保育園25 木工事ほか:

« えじり保育園24 外構、床下地 | トップページ | えじり保育園26 トイの噴水 »