« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月の8件の記事

2009年5月23日 (土)

建築紀行

モロッコ紀行5 フェズ③を更新しました。

http://www.sawano.co.jp/view/morocco-05.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月18日 (月)

えじり保育園32 完成写真③ 2階 <完>

えじり保育園の完成写真、1階に引き続いて2階をご紹介いたします。

3201

玄関ホール中央の階段を登って2階へ。

蹴上げ約15cm、踏面28cmの緩やかな階段です。

丸穴やガラスブロックを眺めながら登っていきます。

3202

踊り場まで辿り着くと、大きな窓からアトリエ(工作室)の様子が目に入ります。

アトリエで面白そうなものを作っている様子が見えることで、

見る方にも作る方にも良い刺激となりそうです。

3203

階段を登りきると、勾配屋根の大きな吹抜空間。

1階からのシンボルツリーが垂直に上まで伸びていて、

空中をワイヤーで吊るされた蛍光灯が水平に走っています。

蛍光灯は万が一割れても落下しない飛散防止タイプを採用しました。

3204

光井戸のあるホール。光井戸はホールだけでなく、1階にも光を落としています。

各保育室との壁にある横長の引違い戸は、園児の顔の高さにあるので、

園児の目線に立つと、それぞれのクラスが見渡せる空間が広がります。

遠くの方に自分の好きなことが見つかるかもしれません。

3207

アトリエは壁に釘も打てる木板貼り。

木板はOSBと呼ばれる木片を熱圧縮等でパネル化した構造用合板を使用しています。

天井には蛍光灯に加え、ショップラインのスポットライトが取り付けられていますので、

部屋のレイアウトや壁に飾ったものに併せて照明計画を変更することができます。

3217

3才児保育室の入口。

各保育室の入口には帽子やコートを掛けるフックとロッカーがあります。

3219

3才児保育室は屋根からの雨ドイが洗面台の上に落ちてきています。

部屋とトイの内部の温度差によって、時々結露しますが、

それも自然現象の一つとして、面白がって貰えるのではないかと思います。

3208

32092

保育室の扉は不思議な形をしています。以下①~⑤の特徴で構成されています。

①大きな強化ガラス … 奥まで良く見渡せるように

②2つの丸穴 … でっぱりのない引手

③手挟み防止スリット … 園児達の手の高さに

④サムターン … 閉鎖時のロック

⑤ストライク錠 … 開けた状態のロック

3211

4才児保育室。

2階の保育室は園児の顔の高さに窓と手摺が設けられています。

3212

5才児保育室にはバルコニーと避難すべり台が併設されています。

3210

子育て支援室と一時保育室。

可動間仕切りをたたむと大きな部屋になります。

窓際には布団収納があり、お昼寝の部屋にもなります。

3213

大人用の手洗器も低く設置すると子供用になります。

3214

収納用折戸の奥に1階から食事を運ぶ為のダムウェーターが隠されています。

安全対策として、普段はストライク錠で固定されています。

3215

4、5才児用のトイレ。

船舶用丸窓から外の景色を眺めながら用が足せます。

ちょっと贅沢?

3216

キャスター付きの収納。部屋の中をいったりきたり。

背板の有孔ボードはフックを付けたりやゴムを通すのに便利です。

3218

倉庫の収納棚は全て可動式。

3220

南の窓に面する3才児と子育て支援のトイレ。

ホールとの仕切り壁は高さ1.6mで、天井は繋がっています。

以上簡単にですが、えじり保育園のご紹介を終わります。

 3221

この写真は

プロカメラマンの濱義治さんに撮っていただいた工事関係者の集合写真です。

たくさんの業種、それぞれのプロフェッショナルの手によって、

関係した全員が誇りに思える建物になりました。

また、様々な貴重な経験をさせていただきました。ありがとうございました。

 

えじり保育園の今後ますますのご発展をお祈り申し上げます。

文/花田茂

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月16日 (土)

ホームページお引越し

澤野建築研究所のホームページを下記のアドレスへ引越ししました。

http://www.sawano.co.jp/

ブックマークされていた方はお手数ですが、登録先のご変更をお願い致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月15日 (金)

一枚板のダイニングテーブル―さいたま市K邸

20

スタッフの中嶋浩平です。

ダイニングテーブルは長さ2.8m、幅90cm、厚さ5cmの一枚板でつくりました。

材種は山形県の杉です。澤野が山形の岩浪木材さんの工場に視察に行き

テーブルの材料を選んできました。

Cimg0001_2

写真はテーブルになる前、工場にあった時の杉板の写真です。

樹齢100年近くの立派な杉です。木の芯に近いところの材料なので

丈夫で節もなく赤身の綺麗な木目の杉板です。

080419118

板の端部は樹皮が付いたままの状態でしたが、テーブルに造作をする時

大工さんに樹皮を綺麗に剥いてもらいました。かなり手間の掛かる作業でした

が大工さんに頑張っていただきました。端部はカットして直角にはせずに、

自然の形を生かしてそのままの状態で仕上げました。

仕上げに蜜蝋を塗って完成です。

090111021

テーブルを作って残った部分を使いベンチもつくりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月13日 (水)

竣工1年後の本の家―さいたま市K邸

スタッフの中嶋浩平です。

竣工後約1年が過ぎて雑誌の取材でお邪魔した時に撮影した写真です。

リビングダイニングの本棚に沢山の本が収納されていました。

090111_033_3

●リビングから見た本棚

4000冊以上の本を収納するための本棚をつくることは設計のはじめから出ていた

建主さんの強い要望の一つでした。

設計をするうえでどのように沢山の本を収納するかが最大のテーマであり、

K邸の空間つくりのポイントとなりました。

090111013_2

●2階吹抜け廊下の本棚

打合せを重ねた中で、本棚はリビングの吹き抜けの壁一面に作ることになりました。

4000冊の本ともなるとかなり重い為、4本の通し柱が本の重量を支える構造としています。

090111035

●リビング吹抜け見上げ

竣工当時は本がまだ入っていなかったため、ガランとした印象がありましたが

壁一面の本に埋め尽くされた姿は圧巻です。また本に囲まれている心地よさ

のような感覚があり、本好きの建主さんにとっては至福の毎日なのではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月12日 (火)

モダン/木の家

8

                (写真:さいたま市K邸 リビングダイニング)

スタッフの中嶋です。

今週末のセミナーで澤野が講師をつとめます。

5/16(土)10:00~12:00

 「ローコスト健康住宅シリーズ 第1回 おしゃれでモダンな木造健康住宅」 

会場:浦和コミュニティーセンター 第7集会室

(JR浦和駅東口下車徒歩1分 パルコビル内コムナ―レ10階)

詳細はここを見てください

木は好きだし、健康にも環境にも良さそうだけれどちょっとデザインが・・・

と思っている人に必見です。スタイリッシュな健康木の家の創り方をお見せします。

申し込みは木の家だいすきの会までご連絡いただくか、直接澤野もしくは中嶋まで

ご連絡下さい(澤野建築研究所TEL03-5497-7305)

具体的に家つくりをお考えの方はもちろん、木や家つくりに興味がある方

是非ご参加下さい。ご連絡お待ちしています!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月11日 (月)

えじり保育園31 完成写真② 1階

先週に続き、えじり保育園1階内部をご紹介します。

3102

3101

玄関ホールを入ると中央に大きなシンボルツリー、その奥に2階へ行く階段があります。

玄関から左側に事務室や給食室などの管理スペース、

右側が0、1、2才の保育室になります。

3才~5才の園児たちは2階へ向かいます。

3105

階段手摺と、玄関はランダムな丸穴のデザインです。

建物全体の様々な箇所や高さに丸穴があるので、

子供たちの背が大きくなるにつれて覗ける穴も増えてきます。

3103

シンボルツリーの上は吹抜で2階まで抜けています。

その上部はスカイライトがあり、その光によって明るい玄関をつくっています。

3104

玄関には靴箱がたくさん。

室内は裸足なので、無垢のフローリングの感触を足で感じて貰えることでしょう。

3106

0才児保育室は一番北側の部屋の為、やわらかい光が入る落ち着いた部屋です。

畳のスペースが寝るところで、中央には調乳コーナーもあります。

3108

保育士さん達は例えばミルクを作ったり、おむつを替えたりしながらも、

常に他の園児の状況を把握する必要があります。

よって、本建物は至る所に1つの作業をしながらも視線の先に常に部屋全体が見えるような

配置計画の工夫がなされています。

調乳コーナーのシンクは部屋全体を見渡せる向き、いわゆるアイランド型の配置になっています。

出入口の扉は腰の高さとし、視線が通るようになっています。

背面には、電子レンジ、冷蔵庫、哺乳瓶保管庫、殺菌庫などが置かれます。

31072

畳コーナーと出入口はこのような木のロッカーで仕切られています。

出入口と畳コーナーの両方から取り出せるように、両面の空いたロッカーになっています。

3107

置き形のロッカーの配置によって部屋が区切られます。

ロッカーにはレイアウトの変更がしやすいように手掛けが付いています。

3109

0才児保育室に付属する木浴室。

洗濯機、シャワーユニット、おむつ台などが置かれます。

おむつ台とシャワーユニットの正面には

保育士が保育室の状況が見渡せるように開口が設けられています。

31010

1才児保育室。0才児室と2才児室に挟まれた部屋なので、

天井にスカイライトを取り、全体を明るい部屋としています。

3111

保育室からトイレ側を見ると、不思議な開口が空いています。

上から2段分は園児の下着カゴを置く為の棚で、

一番下の列は保育士さんがトイレから保育室の様子を見渡す為にあけた開口です。

3112

トイレ側から見るとこのようになっています。

写真左の棚が1才児室側、右の棚に2才児用側です。

棚に置いたカゴがトイレと保育室との両側から取り出すことができます。

また、最近は大きい園児も多いようで、

3つある子供用大便器のうち、1つは3~5才児用の大便器を置いています。

また換気扇の配置計画によって

トイレの臭いが保育室に行かないような風の流れを作っています。

3113

2才児保育室。南側に面していて、特に南東の角は光がたくさん入る部屋になっています。

3114

ロッカーで仕切られた様子。

手洗とミニキッチンの前は、ランチコーナーです。

3118

給食室は調理士さんと厨房メーカーと打合せしながら機器や配置を決めました。

大きな冷凍庫やオーブン、各保育室へ食事を運ぶ配膳トレーなどが充実しています。

3119

事務室は保育士が集まって会議できる広さを確保しました。

奥の畳敷きは保健室で、具合の悪い園児が寝る場所となっています。

緊急時対応として、救急車の止まるから駐車場から最も近い場所となっています。

3120

事務室の机や書類棚も保育室のロッカーと同じく造作家具としてつくりました。

シナランバーにクリヤー塗装をかけています。

3117

事務室の郵便受け。郵便物が直接机の上に落ちるようになっています。

以上、ざっと1階の部屋をご紹介させていただきました。

次回は2階を紹介します。

文/花田茂

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2009年5月 4日 (月)

えじり保育園30 完成写真① 建物周り

えじり保育園の建物の説明を3回に分けてご紹介いたします。

まず始めに園庭や外観の説明から。

3001

正門に面した西側通路は車の入れない安全な道となっています。

通路に沿って立つ桜を始めとした大きな木々は、以前より生えていたもので、

地域の方の強い要望もあり、ほとんど全て切らずに残すことができました。

新しいフェンスを樹を上手くよけながら設置しました。

3002

正門より撮影。

門扉の上部には大きな桜があり、桜の季節はとても鮮やかな彩りでした。

門扉の左右の塀のタイルはINAX様より新商品のモニターとしてご提供していただきました。

細かい凹凸があり、自然を感じる綺麗なタイルです。

奥に見える建物の2階飛び出した部分が黄色く塗装されています。

このカラーはえじり保育園のロゴのカラーです。

3003

玄関アプローチ周りの園庭は山あり谷ありの面白い庭です。

写真手前の窪みには雨水が流れ込んでくる仕掛けになっています。

3004

以前ご紹介したトンネル。芝生が完全に根付くのはもう少しかかりそうです。

3005

プールを挟んで手前は平らな園庭が広がっています。こちらも一面芝生です。

御祭りのときはヤグラも組まれるとか。

3006

シャワーコーナー。お湯もでるので、冬場に泥まみれになったときも安心です。

丸い穴が2つの左右にタイルも埋め込んでいます。

その右側には以前ご紹介した、雨水が噴水のように出るトイもあります。

3007

北面も2階の飛び出した箇所が黄色く塗装されています。

飛び出している部屋は左が工作室(アトリエ)、右は相談室です。

3008

1階0~2才保育室の東に面したデッキスペース。

小さい園児に対する紫外線対策として、

東側から部屋に差し込む直射日光を緩衝させるスペースにもなっています。

3009

玄関の大きなキャノピーはガラス張りです。

大きなキャノピーは雨の日の身支度にとても便利です。

ガラス張りにしたことで、玄関が明るく、通路の樹木も良く見えるようになっています。

3010

各窓の上下に取り付けられているたくさんのフック。

工事の途中、このフックが外側からも見えるようになってから、

多くの方に「何の為にあるの?」といったご質問をいただきました。

日差しの強い夏場にはスダレを取り付けたり、

プールのフェンスとの間にタープを貼って、日影の屋外空間をつくったり、

運動会やクリスマスなどに飾りを吊るしたりといった

”自由な使い方ができるフック”として取り付けられています。

次回は1階の内部をご紹介させていただきます。

文/花田茂

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »