« 解体 耐震補強 町田市K-Houseリフォーム | トップページ | えじり保育園31 完成写真② 1階 »

2009年5月 4日 (月)

えじり保育園30 完成写真① 建物周り

えじり保育園の建物の説明を3回に分けてご紹介いたします。

まず始めに園庭や外観の説明から。

3001

正門に面した西側通路は車の入れない安全な道となっています。

通路に沿って立つ桜を始めとした大きな木々は、以前より生えていたもので、

地域の方の強い要望もあり、ほとんど全て切らずに残すことができました。

新しいフェンスを樹を上手くよけながら設置しました。

3002

正門より撮影。

門扉の上部には大きな桜があり、桜の季節はとても鮮やかな彩りでした。

門扉の左右の塀のタイルはINAX様より新商品のモニターとしてご提供していただきました。

細かい凹凸があり、自然を感じる綺麗なタイルです。

奥に見える建物の2階飛び出した部分が黄色く塗装されています。

このカラーはえじり保育園のロゴのカラーです。

3003

玄関アプローチ周りの園庭は山あり谷ありの面白い庭です。

写真手前の窪みには雨水が流れ込んでくる仕掛けになっています。

3004

以前ご紹介したトンネル。芝生が完全に根付くのはもう少しかかりそうです。

3005

プールを挟んで手前は平らな園庭が広がっています。こちらも一面芝生です。

御祭りのときはヤグラも組まれるとか。

3006

シャワーコーナー。お湯もでるので、冬場に泥まみれになったときも安心です。

丸い穴が2つの左右にタイルも埋め込んでいます。

その右側には以前ご紹介した、雨水が噴水のように出るトイもあります。

3007

北面も2階の飛び出した箇所が黄色く塗装されています。

飛び出している部屋は左が工作室(アトリエ)、右は相談室です。

3008

1階0~2才保育室の東に面したデッキスペース。

小さい園児に対する紫外線対策として、

東側から部屋に差し込む直射日光を緩衝させるスペースにもなっています。

3009

玄関の大きなキャノピーはガラス張りです。

大きなキャノピーは雨の日の身支度にとても便利です。

ガラス張りにしたことで、玄関が明るく、通路の樹木も良く見えるようになっています。

3010

各窓の上下に取り付けられているたくさんのフック。

工事の途中、このフックが外側からも見えるようになってから、

多くの方に「何の為にあるの?」といったご質問をいただきました。

日差しの強い夏場にはスダレを取り付けたり、

プールのフェンスとの間にタープを貼って、日影の屋外空間をつくったり、

運動会やクリスマスなどに飾りを吊るしたりといった

”自由な使い方ができるフック”として取り付けられています。

次回は1階の内部をご紹介させていただきます。

文/花田茂

|

« 解体 耐震補強 町田市K-Houseリフォーム | トップページ | えじり保育園31 完成写真② 1階 »

えじり保育園」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: えじり保育園30 完成写真① 建物周り:

« 解体 耐震補強 町田市K-Houseリフォーム | トップページ | えじり保育園31 完成写真② 1階 »