« 2009年8月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月の7件の記事

2010年1月31日 (日)

江尻幼稚園3 解体工事のようす

Rimg3844_2

(写真/園舎外観)

昨年の10月から12月まで2ヶ月間で園舎を解体ました。

園舎は昭和44年に竣工、昭和54年に増築されてから現在まで30年間

活躍した歴史ある建物です。

Rimg3815

解体前の保育室

Dscn0086

間仕切壁と天井を壊していきます。屋根裏から沢山ぶら下がって見えるのは

照明や火災報知設備などの電気配線です。

Rimg3821

解体前の遊戯室。奥には舞台があります

Dscn0077

解体中の遊戯室。2階の床下のデッキには耐火被覆が吹付けられていました。

091027_132456

耐火被覆を水圧で除去していきます。鉄骨の構造材が見えてきました。

Dscn0005

解体して出てくる廃材には様々な種類のものがありますが、写真のように

種類別に仕分けをして処分する必要があります。廃材の種類によって処分する場所が

決められているからです。解体作業にはこういったみえない手間があり、なかなか大変

な作業です。

Dscn0009 Dscn0083

解体完了です。

 

多くの子供たちが巣立っていった園舎を解体するのは少し寂しい気持ち

にもなるものですが、新しい園舎も長い間子供たち先生方、地域の方たちに

愛される建物になるようにこれから頑張っていきます!(スタッフ/中嶋)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月30日 (土)

大礒の家2 地盤面の確認

基礎地盤面の確認

配置が決定した後の作業は基礎の土堀です。写真は雨上がりの写真なので地盤面が濡れていますが地盤の強度は良いデーターが出ています。

元々建物が建っていたところで、周辺敷地も含め地盤沈下などが無い場合は地盤調査をせず着工して、土を掘ってから土の状況確認(関東ですと関東ローム層が確認できるか?)をしていました。20年前以上前は地盤調査をせずに着工するはケースがよくありましたが現在はほとんど設計中に地盤調査をして基礎の図面を画きます。

土が盛られている場所が掘ったところの周辺にあるので深さがよくわからないようですが、掘った深さはちゃんと測量の機械で確認をしています。

なんとなく建物の形がイメージできるでしょうか?

私たち設計者はこの形から道路の位置、南の方向などを見て建物の間取りが想像できます。(澤野)

Clip_image002

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月29日 (金)

江尻幼稚園2 確認申請がおりました!

Dscn0004

本日江尻幼稚園の確認申請が無事に済み、確認済証を受取ってきました!

最近確認申請の処理速度も法改正当時より改善され早くなりましたが

建物の規模上構造適合判定を受ける必要があり、約2ヶ月かかりました。

Dscn0003

これが提出書類一式です。静岡市のまちづくり条令や排水計画の届出などもあり

この量になりました。終わってみるとなかなか感慨深くなる量です。

しかし、無事に確認がおりたので後は完成に向けて進むのみです!(スタッフ/中嶋)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月28日 (木)

大磯の家1 遣り方・配置の確認

大磯の家の工事が始まりました

大磯は在来工法の木造住宅です。大きな特徴は伝統工法と現代の工法を併用しています。

伝統工法の手法を生かすため木材は埼玉県ときがわ材を使い乾燥方法も天然乾燥におこないました。

先ず、最初に建物の配置を決めます。遣り方と言います。

敷地面をもとに画いた建物の配置図によって建物の位置を決めていきます。

同時に地盤面の高さを確認しながら作業を進めます。

図面で画いた配置図どうりで実際の建物の配置が良いかどうかの確認をします。

このとき重要な決め手のひとつは隣地との関係です。

配置計画上動かすことが出来る場合は隣地との関係で移動することもありますが今回は図面の通りでOKでした。

図面どおりに配置しなかった建物の一例は、隣地は桜並木があって桜を見るために窓の位置を桜の前に移動したことなどがあります。

建物の移動は後々多くの手間が掛かります。法律的な問題に大きく関係するためです。道路斜線制限、高度斜線制限、採光制限などなど・・・・場合によっては確認申請の再提出ということもありますので、配置計画は図面の段階で慎重に熟慮が必要です。ただ糸を張っているようですが重要な作業です。

設計者としては結構緊張しながら作業の進み具合を見ています。

Clip_image002

                                            (澤野)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月27日 (水)

江尻幼稚園1 完成模型

Photo

いよいよ来月から着工する江尻幼稚園(静岡県静岡市)

本日近隣説明会も執り行われこれから本格的に始動します。

完成予定は10月末ですが、一足お先に完成模型をお見せします。

Photo_2

建物の規模は鉄骨造2階建て、延床約880㎡(保育室6室、遊戯室、厨房、職員室等)

園庭に立つシンボルツリーを中心とした同心円状に建物が配置された

園庭を包むような曲面の平面プランとなっています。

Photo_3 

担当者として完成まで工事の進捗状況を出来るだけ分かりやすく

このブログでお伝えしていきますので楽しみにしていて下さい!

                                  (スタッフ/中嶋浩平)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月26日 (火)

イルミネーション

201001191711002

昨日のブログで紹介した富士山の見える露天風呂からあがり

駐車場まで歩いていくと・・イルミネーションに包まれた空間が目の前に!

長さ500m、いやそれ以上あるかもしれません。カタログにその全景が載っていました

201001262212000

場所は御殿場にある温泉施設「時乃栖」。

ご存知の方もいらっしゃると思いますが温泉、ホテル、レストランから

日本代表が練習に使うサッカー場、釜で焼くことが出来る陶芸スペース

そして美味しい高原ビールもあります!

こんなに規模の大きいイルミネーションは初めて見ました。

ちなみに昼間の雰囲気もなかなか良いですよ。木漏れ日に包まれているような感じです。

201001191231000

                                      (スタッフ/中嶋)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月25日 (月)

富士山と露天風呂

201001191458001

皆様

今年もどうぞ宜しくお願い致します。

新年早々に御殿場の露天風呂にて撮影した富士山です。

晴れやかな気持ちになりました。

さて、今年は昨年4月から設計を進めてきた幼稚園がいよいよ着工します。

先日地鎮祭が執り行われ、来月から基礎工事に入ります。

大磯の住宅は先日上棟式を無事迎えることができました。

埼玉の都幾川の木を構造材に使っています。無垢の木をふんだんに使った木の家です。

どちらのプロジェクトも工事の様子を随時ブログでお伝えしていく予定です。

完成まで進捗状況をお楽しみいただければと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2010年2月 »