« 大礒の家2 地盤面の確認 | トップページ | トイレまんだら »

2010年1月31日 (日)

江尻幼稚園3 解体工事のようす

Rimg3844_2

(写真/園舎外観)

昨年の10月から12月まで2ヶ月間で園舎を解体ました。

園舎は昭和44年に竣工、昭和54年に増築されてから現在まで30年間

活躍した歴史ある建物です。

Rimg3815

解体前の保育室

Dscn0086

間仕切壁と天井を壊していきます。屋根裏から沢山ぶら下がって見えるのは

照明や火災報知設備などの電気配線です。

Rimg3821

解体前の遊戯室。奥には舞台があります

Dscn0077

解体中の遊戯室。2階の床下のデッキには耐火被覆が吹付けられていました。

091027_132456

耐火被覆を水圧で除去していきます。鉄骨の構造材が見えてきました。

Dscn0005

解体して出てくる廃材には様々な種類のものがありますが、写真のように

種類別に仕分けをして処分する必要があります。廃材の種類によって処分する場所が

決められているからです。解体作業にはこういったみえない手間があり、なかなか大変

な作業です。

Dscn0009 Dscn0083

解体完了です。

 

多くの子供たちが巣立っていった園舎を解体するのは少し寂しい気持ち

にもなるものですが、新しい園舎も長い間子供たち先生方、地域の方たちに

愛される建物になるようにこれから頑張っていきます!(スタッフ/中嶋)

|

« 大礒の家2 地盤面の確認 | トップページ | トイレまんだら »

江尻幼稚園」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 江尻幼稚園3 解体工事のようす:

« 大礒の家2 地盤面の確認 | トップページ | トイレまんだら »