« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月の23件の記事

2010年2月27日 (土)

SUMIKA見てきます!

Nec_0295

今日は澤野と宇都宮まで『SUMIKA PROJECT BY東京ガス』を見学してきます。

伊藤豊雄さん、藤森照信さん、西沢大良さん、藤本壮介さんの4人が提案する

住宅プロジェクトで、2008年に完成したと知ったときからいつか見に行こうと思って

いた建築です。今回が最後の一般公開、間に合ってよかったぁ~

朝早くて大変ですが、見学時間2時間たっぷり楽しんでこようと思います!

来週ブログで様子をご報告します!お楽しみに~

(スタッフ/中嶋浩平)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月26日 (金)

江尻幼稚園11 階段詳細図チェック中!

Dscn0019

今日は事務所で江尻幼稚園の施工図のチェックをやります。

今日チェックする施工図は内部階段詳細図。

続きを読む "江尻幼稚園11 階段詳細図チェック中!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月25日 (木)

THIS IS ??

Nec_0278

続きを読む "THIS IS ??"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月24日 (水)

清水の櫻珈琲

Nec_0287

昨日は江尻幼稚園の現場打合せのあと、澤野と奥様と3人で

清水の櫻珈琲さんに珈琲を飲みに行ってきました。

続きを読む "清水の櫻珈琲"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月23日 (火)

江尻幼稚園10 根切り底の確認

Dscn0021 

前回定例で地縄による建物位置を確認したので、いよいよ基礎工事に着手しました。

最近雪や雨で天気が悪い日が多いですが、現場では地盤の根切り作業が

ほぼ終了していました。建物の曲面が見えてきました!

続きを読む "江尻幼稚園10 根切り底の確認"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月22日 (月)

建築家 内井昭蔵と世田谷美術館

Nec_0280

建築家の内井昭蔵さんの展示会「内井昭蔵の思想と建築」を見に

世田谷美術館に行ってきました。

続きを読む "建築家 内井昭蔵と世田谷美術館"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月20日 (土)

NEWS 木の家住まいの相談会をやります!

4/3(土)住まいの相談会を開催します

◆スケジュール

 3月27日(土)15:00~17:00 住まいの相談  終了しました

 3月29日(月)~4月3日(土) 建築展

 4月3日(土)15:00~17:00 住まいの相談

◆会場/木童新宿ショールーム@東京オペラシティビル1階

◎セミナー情報・申し込みはこちら木の家だいすきの会ホームページまで

◎不明な点がありましたら澤野建築研究所;中嶋 TEL03-5497-7305 まで

☆ご案内はこちらからダウンロード☆

3/29~4/3まで木の家の実例パネルと模型の展示会を行います

住まいの相談会では澤野が木の家建築の専門家としてアドバイス!

会のコーディネーター、木童さんからは木の専門家としてアドバイス!

木の家をつくりたい皆さん!木の家に興味のある皆さん!是非いらっしゃって下さい

続きを読む "NEWS 木の家住まいの相談会をやります!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

江尻幼稚園9 鉄骨図チェック中

Nec_0268_2

基礎工事が進んでいる中、構造躯体の鉄骨図のチェックを進めています。

図面は柱に梁が接続される部分(仕口)と梁と梁を接続する部分(継ぎ手)の収まり

を描いた図面です。鉄骨の接続にはボルトと溶接で固定します。

溶接にもいくつか種類があって、仕口に引き出し線で番号がふられていますが、

番号が溶接の種類を示しています。

この図面を職人さんが見ながら溶接作業をするわけです。

だからひとつひとつ確認することで、現場でミスや手直し作業がおきないようにしています。

鉄骨図A1サイズで11枚、ただいまチェック中です!(スタッフ/中嶋浩平)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月19日 (金)

江尻幼稚園8 着工準備着々!

Dscn0125

現場では工事の準備が着々と進んでいます。

施工業者の鈴与建設・山梨組JVの作成した施工計画書をもとに準備が進みます。

まず最初は基礎工事。

仮り囲い、地盤を掘るためのユンボ(ショベル)、掘った土を運ぶトラックの移動路

には鉄板が敷かれています。

続きを読む "江尻幼稚園8 着工準備着々!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月18日 (木)

歴史の見納め

Nec_0119_2

東銀座の歌舞伎座

今年の4月で見納めですね

去年の2月、ちょうど1年前に初めて歌舞伎を見に歌舞伎座に行ったんです。

なくなる前に一度は歌舞伎の芸を見たいのが半分、歴史ある建物を見たいのが

半分の気持ちで行きました。当日並び一幕見席で見た生まれて初めての

歌舞伎演目は「勧進帳」。なかなか味わうまでは行きませんでしたが、

日本の伝統文化に触れた感動がありました。

続きを読む "歴史の見納め"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月17日 (水)

ルックダウンウィンドウ!

Nec_0253

眼下に広がる150m下の景色!・・いやー絶景です。

先日まったくのプライベートで家族と東京タワー

地上150m上の展望台の床に開けられたガラスだけの部分が「ルックダウンウィンドウ」

と呼ばれる展望台のもう一つの窓です。

平気平気と笑顔でガラスの上に乗る、平常心のつもりが・・・内心落ち着かない

建築をやっているとガラスの強度は平気か?とか、ガラス下の格子の貧弱さに

不安になってしまいます。職業病の一種でしょうかね~(スタッフ/中嶋)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月16日 (火)

大磯の家4 天竜で皮むき

静岡県・浜松の天竜に行ってきました。

昨年末12月19日です。

木の枝を利用して照明器具を吊るそうと思っています。

枝は桧です。木の皮むきは伐採してから早めにむかないと虫が中に入ってくることがあります。

また、班点の汚れが出てくることもあるのでなるべく早く皮むきをします。

皮むきは水圧をかけてむいていきますが、木の伐採は冬ですから皮むきも必然的に冬になります。

水しぶきが飛んできてとても寒い作業ですが、この時期を逃したら×です。

Photo

まず最初に余分な枝を切り落とします。

続きを読む "大磯の家4 天竜で皮むき"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月15日 (月)

大磯の家3 出荷を待つ木たち

出荷を待つ木たち

Clip_image002

通常の住宅は規格化された材木を工務店が材木屋さんから買って機械で加工します。

それらの木のほとんどすべて機械で乾燥させられた木たちです。

今回は、この住宅のために何本か木を切りました。また乾燥の方法も天然乾燥

(機械を使わず自然に乾かす)です。

天然乾燥の木は色、艶、香り、強度(しなやかな粘り強さ)に優れています。

出荷まえに乾燥の具合を調べるために木が並んでいます。(澤野)

                     

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月13日 (土)

江尻幼稚園7 基礎施工図チェック

江尻幼稚園7 基礎施工図チェック

今週の10日から基礎部分の土を掘る作業が始まりました。

基礎工事がはじまる前には写真のような施工図をチェックします。

構造設計図をもとにした施工図でより詳しく、鉄筋の本数や納まりをチェックしていきます。

来週の定例打ち合わせで土を掘った部分を確認しますので、写真をアップする予定です。

(スタッフ/中嶋浩平)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年2月11日 (木)

清水の河岸の市

Nec_0235

先日江尻幼稚園の打合せに行く前にお昼ご飯を「河岸の市」で食べました。

清水港に隣接する市場で新鮮な魚を食べられます。

建物の中には釣れたばかりの魚介類から干物、果物など数十件のお店が入っています。

いつも食べに行くお店は「おがわ」さんです。

常に行列が出来ている超人気店!グルメ雑誌にも掲載されてます。

この日も案の定見ての通りの行列でした(写真左の提灯が店の入口なのですが・・)

200904171415000

いつも食べる「刺身定食 ¥1000」

厚切りのトロ、イカ、いくら、甘エビ、シラス、あさりの味噌汁、がり付!

旨いですよ!特にトロの皿の奥の2切れが脂がのった美味しいやつです。

いつも決まってそういう並びなんです。

是非一度お立ち寄りを!(スタッフ/中嶋)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月10日 (水)

富士山パワー

Nec_0240

昨日は江尻幼稚園の週一回の現場定例打合せに澤野の車で静岡まで向かいました。

暖かい一日でしたね、まるで春の陽気!日中20度ぐらいあったみたいです。

いつもは静岡に打合せに行くときは澤野の実家に一泊して帰ることが多いのですが

今日は日帰りで帰ることに。帰りの車中、富士山が綺麗に見えたので携帯カメラで撮影!

実物は写真の2倍綺麗です!伝えられず残念。

大昔、町や道路もない頃、同じアングルでも今の景色より数倍美しかったんだろなぁ

と想像してしまいます。

静岡に出張するたびに富士山を見ることが出来るですが、天気がよく富士山が綺麗に

見えるとなんだか不思議と嬉しくなるものです。

エネルギーあるな富士山、と実感する今日この頃です。(スタッフ/中嶋)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 9日 (火)

江尻幼稚園6 顔合わせ

Dscn0003

今日は敷地内に出来たばかりの現場事務所で初めての現場定例会議を

行いました。

建設委員の皆様と中根先生、望月先生をお呼びして現場監督、電気・設備

の担当者との顔合わせをしました。

電気と設備の担当者は保育園のときにもお世話になった職人さんです。

こちらのやり方を熟知してくれている職人さんとの仕事は実にやり易いものなのです!

今回も宜しくお願いします。

Dscn0009

現場事務所の2階。主に現場監督たちの作業や打合せに使われ、パソコンや

プリンター、図面や資料を収納する棚などが置かれています。

広さは約20畳。広くて使いやすい印象です。

Dscn0005

現場の現在の状況は仮囲いと現場事務所を設置が終わったところです。

基礎工事の施工図のチェックを現在進めています。

3月末に基礎工事が終わり、4月末ごろ上棟の予定です。(スタッフ/中嶋)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 8日 (月)

住宅の長寿命化とは

Dscn0122

先日澤野と一緒に「長期優良住宅」に関する技術講習会に行ってきました。

平成20年12月に国土交通省から、住宅の寿命を延ばす取り組みである

「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」が公布されました。

長期優良住宅とは一定以上の性能基準を満たし、なおかつ

竣工後の維持保全計画を作成し提出することで、長期優良住宅として

認定された住宅のこと。

講習テキストによると一般住宅より建設コストが2割程度高くなるようです。

反対に、この認定を受けた住宅は税負担額が一般住宅以下に抑制、また

住宅ローンの減税制度が延長拡大されたりと税制的なメリットがあるようです。

僕の世代(30代)は今まさに住宅を所得しようとする人が多いと思います。

知り合いでも新築一戸建てをつくるか、中古や新築のマンションを購入しています。

そういえば中古の一戸建てを買った人ってあまり周りにいないなぁと思いました。

僕もそうですが、中古住宅を購入して住むことを想像するとちょっと躊躇しがちです。

長期優良住宅の取り組みで良いなと思ったのは認定住宅はメンテナンスなどを

した記録を作成する必要があることです。

この記録があることでその住宅の今の状態が確認できるのです。

大事にメンテナンスされてきた住宅だと分かると購買意欲も出てきそうです。

長期優良住宅が目指す社会になった未来は良い状態の中古住宅を

購入する人が増えるのかな・・・

ただ新築住宅の場合自分達の生活スタイルに合わせたプランを作れる事がやはり

メリット。長期優良住宅を設計するときは、認定基準の仕様でつくるだけではなく、

クライアントの次に住む人がその人のライフスタイルに合わせてリフォーム出来る

ように、間取りの変更に対応したプラン・構造をデザインすることが重要だなと

思いました。(スタッフ/中嶋)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 5日 (金)

えじり保育園33 水あそび

Dscn0012

先日えじり保育園に遊びに行ったら、園庭に池が出来てました!

男の子4人組がそれぞれの道具をもって遊んでいます。

Dscn0013

カメラに気づいた一人の男の子がカメラ目線に!とびきりの笑顔です!

あとでこの男の子が職員室にきて「いま海で遊んでるんだよ!」と一言。

いまこの水にむかって想像力と冒険心で一杯のこの一言にこっちまで

楽しい気分にしてもらいました!(スタッフ/中嶋浩平)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 4日 (木)

江尻幼稚園5 地鎮祭

Dscn0037

1月20日大安

江尻幼稚園の地鎮祭が執り行われました。

神主さんは幼稚園のすぐ近くにある小芝八幡宮から来て頂きました。

Dscn0038

降神の儀(こうしんのぎ)。神主さんの声とともに神様をお迎えするところです。

Dscn0040

鍬入れの儀(くわいれのぎ)。工事の始まりを表す儀式です。

濱崎理事長が鍬を入れたところです。

「エイ、エイ、エイ」と3回大きな声を出しながら、盛られた清砂を

建主が鍬(くわ)、施工者が鋤(すき)で耕すしぐさをして、

設計者が鎌(かま)で清砂にささった榊(さかき)を刈るしぐさをします。

Dscn0042

玉串奉奠(たまぐしほうてん)。

参列者の守護を祈願するため神様が乗り移った玉串(榊)を神座(かみくら)

前の玉串案に置き拝礼します。

神座前にはお酒、塩、お米、野菜、果物、海の幸が献上されています。

Dscn0043

最後に濱崎理事長から挨拶を頂き式は無事に終了。

完成まで安全第一で頑張っていきます!(スタッフ/中嶋浩平)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 3日 (水)

江尻幼稚園4 入札

Dscn0121

昨年12月に工事を施工する建設会社を決定するための指名競争入札

が江尻自治会館にて行われました。

静岡県の補助金を受ける工事の為、入札という方法で建設会社を決定する

必要があり、10社の建設会社さんに入札に参加して頂きました。

写真正面のテーブルに座っているのが、江尻幼稚園の建設委員の皆様です。

(左から濱崎理事長、石川さん、鈴木さん、置地さん、望月さん)

Dscn0106

建設委員の皆さんが座っている正面のテーブルの上に置かれた入札箱は

幼稚園の先生方の手作りです。幼稚園の入札にふさわしい可愛いデザイン!

この入札箱の中に建設会社さんが工事金額の入った入札書を入れていきます。

全員投票が終わると立会人の前で開封して金額を結果表に書き込みます。

最後に密封しておいた最低入札金額表を開封して金額読み上げ、

最低金額以上で10社のうち一番安い金額の業者さんが落札します。

今回は鈴与建設・山梨組特定建設工事共同企業体に決定しました。

Dscn0120

ちなみに入札箱の裏面は、中に入った入札書が取りやすいように

両開きの扉式になっています。丁寧な仕事ぶり、とても使い易かったです。

先生ありがとうございました!(スタッフ/中嶋浩平)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 2日 (火)

浜松城

Nec_0229

今日は静岡県の浜松市役所へ入札参加資格審査申請に行ってきました。

役所が行う設計業務の入札に参加するには資格審査申請をする必要があります。

郵送が不可というわけで、書類を提出しに浜松までいきました。

昨日は江尻幼稚園の現場定例打合せがあり、静岡市にいたので電車で1時間半の

移動ですみました。書類提出が無事終わり、問題がなかったのでほっと一息、

さあ帰ろうと役所を出て歩いていると目の前にお城が!

Nec_0228_2

実は浜松市役所の庁舎の裏側に浜松城があったのです。

浜松城のことは最近のブルータスカーサの特集で興味を持っていたので

帰るのを忘れてすぐにお城に!

雑誌の写真で見るよりも天守閣の大きさはこじんまりとした印象。

Nec_0227

石垣を登ると最初に見えたのは若き日の徳川家康像。

浜松城は家康が武田信玄との戦いに備え、見晴らしの良いこの地に城をつくることを

決め、天下統一の足がかりとなった出世城と呼ばれているそうです。

29歳から45歳まで過ごしたそうで、自分と同じ歳の頃家康はここで生活して

いたんだなと、銅像を見ながら思いにふけてました。

Nec_0231 

城の中には沢山の家康にまつわる品が展示されていました。

なかでも関が原の合戦時に家康が着用したとされる鎧に目がいきました。

細かいデティールにもこだわっいて、鎧がただの戦闘防具ではなく、着る人

の美意識や威厳を表現したファッション的な要素が強かったんだと感じました。

次は姫路城が見たいですね。

城めぐりにはまりそうです。(スタッフ/中嶋)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 1日 (月)

トイレまんだら

Photo


今日は妹尾河童『河童が覗いたトイレまんだら』をご紹介します。

古本屋さんでたまたま見つけたのですが、舞台芸術家で有名な河童さんが

1989年~1990年に「週間文春」で連載した

「誰でも知っている著名人の自宅トイレを訪ねてトイレに関する考察やエピソード

などを語ってもらうという企画」をまとめた一冊です。

それぞれのトイレにまつわるユニークな話、中にはふんそのものについて熱く語る

人もいます。河童さんが自ら実測したトイレの俯瞰図やスケッチもあり、各人の人柄

やトイレ生活の実態が見えてなかなか面白いですよ。

建築家の藤森照信さんの自宅トイレも出てくるのですが、藤森さんは庭で月を見ながら

用を足すのが一番だと言ってます。男性しかわからない話ですかねー。

また、立ち小便ができる街づくりがしたい!と熱く語る場面も。

「河童が覗いた・・・・」シリーズがまだあるようなのでまた別の機会にご紹介できたら

なとおもっています。

(スタッフ/中嶋)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »