« えじり保育園 藤色春色 | トップページ | 江尻幼稚園23 鉄骨製品検査をしてきました »

2010年4月23日 (金)

江尻幼稚園22 構造の鉄骨を建てる準備始めました

Dscn0008

基礎工事と配管埋設工事が終わりいよいよ構造の鉄骨を建てる準備に入りました。

たくさん積まれているのは外部足場の部材です。

Dscn0011

職人さんがひとつひとつの部材をつないで足場をつくっていきます。

Dscn0010

建物外周すべてにこの足場を組んで、外壁やサッシ取り付けなど建物外部の

工事はこの足場の上で作業をします。まだ1層しかありませんが最終的には

屋根の高さまで建物を囲うように足場が組まれます。

Dscn0006

基礎には柱や壁の通り芯が墨出しされていました。

この墨線を基準にして鉄骨柱が据付されるので非常に大切な線なのです。

Dscn0005

R0 とは平面図に描かれている壁芯のことです。

この墨出し線がR0通りであることを示しています。

次回行われる鉄骨製品検査をすれば、いよいよ構造の鉄骨柱や梁を組み始めます!

建物のヴォリュームが目に見えて分かるようになります。お楽しみに!

(スタッフ/中嶋浩平)

|

« えじり保育園 藤色春色 | トップページ | 江尻幼稚園23 鉄骨製品検査をしてきました »

江尻幼稚園」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 江尻幼稚園22 構造の鉄骨を建てる準備始めました:

« えじり保育園 藤色春色 | トップページ | 江尻幼稚園23 鉄骨製品検査をしてきました »