« 浅草寺の屋根改修 | トップページ | 駿府城の石垣 »

2010年4月17日 (土)

江尻幼稚園21 埋込配管作業完了

Dscn0069

先週から始まった電気給排水の配管作業がほぼ完成していました。

写真は児童用トイレの配管。電気給排水ともに建物全体の配管配線が集中するところ

なのでその数もこの通り。

配管状況の確認で現場を見ていると頭に黄色いキャップがついた鉄筋が・・

Dscn0070

これです。現場監督の岸本さんに確認したところ、この鉄筋は地中にある横配管が

下がらないようにする為のものということです。鉄筋を横に曲げておいてこの上の

スラブのコンクリートを打つと鉄筋がコンクリートに固定されるので配管を鉄筋が吊った

状態になり配管が下がってこないと、現場の知恵です。

他にもたくさん出てくると思いますが、こういう見えない努力をこのブログを見ている

方たちに伝えられたら良いですね。

Dscn0065

柱が設置される部分です。中心にある山はベースモルタルといいます。

3~5センチの厚みがありこの上に鉄骨柱のベースプレートがのります。

ベースプレートは8本見えるアンカーボルトより少し大きい四角形で、ベースモルタル

の周りのベースプレートとの隙間に柱設置後、モルタルを後詰めします。

来週はいよいよ柱梁の設置が始まります。

今週はその柱や梁の鉄骨製作工場に行き鉄骨検査をしてきました。

その様子は来週アップします。

火曜日から今日まで静岡出張、ブログが更新できず・・来週は頑張りますので

懲りずに見に来てください。(スタッフ/中嶋浩平)

|

« 浅草寺の屋根改修 | トップページ | 駿府城の石垣 »

江尻幼稚園」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 江尻幼稚園21 埋込配管作業完了:

« 浅草寺の屋根改修 | トップページ | 駿府城の石垣 »