« 袖師町二区自治会館7 竣工しました! | トップページ | 耐震工事が始まりました »

2010年9月23日 (木)

築130年の耐震補強+リフォーム

130年を超える伝統工法の木造住宅の耐震補強が始まりました。

現場は水ナスとお祭りで有名な大阪岸和田です。

耐震診断と補強の監修は匠建築の保坂さんです。

保坂さんは耐震補強に関する書籍や毎日新聞での記事を書いていますので名前を知っている方も多いでしょう。

工事の担当は保坂さんの関西チーム()秀工舎の長田さんです。

全体のまとめと意匠は私の役割ですが、このような工事は新築工事と違って知識と経験が重要です。

そこでこのようなチーム構成になりました。

913日は耐震診断に基づいて具体的な補強に関する調査それにともなって方針の決定を行いました。

天井を剥がしたり、床を剥がして耐震診断時より詳しい調査をした結果一部の梁に曲げ破壊、大引きに腐朽菌による劣化が発見されました。

梁を支えている柱を取り替えたり、腐った部分を取り替えをします。

木造の建物は在来の技術を以ってこのように補強・取替えが出来ます。

この取替え・補強を続けていけば建物を永久的に存続させることが出来ます。

鉄筋コンクリートの場合、柱を取り替えるというようなことはかなり特殊で難しい作業です。

通常は、やらない・出来ない、の世界です。

実は、このように木造建築が長く使い続ける建築の構造として優れた構造形式であることがまだまだ一般の方々に理解されているとはいえません。

通常皆さんは木造よりコンクリートや鉄骨の建物が立派な建物であるように思っている方々が大多数でしょう。

これは建築界の責任が非常に多いのですが・・・・建築界でもこのように思っている方々が多いのも事実ですから。

これから現場報告ブログでこのことに触れていきます。

Img_0966_2

玄関周りの様子を確認しています、漆喰の壁が波打っています。

ここも綺麗に補修します。漆喰は新築のようになるでしょう。

Img_0957

内部の様子を再確認しています、白っぽい柱は取り替えます。

下がり壁を補強して、土佐和紙を張る予定です。この下がり壁も耐震補強に使います。

Img_0969_2

床下の補強方法を図示しながら指示を出す保坂さん。

上から二人目の方です。手前右側が長田さんです。

一番上の方が大工さん、左の方は勉強見学にいらした方です。

澤野でした。

|

« 袖師町二区自治会館7 竣工しました! | トップページ | 耐震工事が始まりました »

耐震補強+リフォーム」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 築130年の耐震補強+リフォーム:

« 袖師町二区自治会館7 竣工しました! | トップページ | 耐震工事が始まりました »