« 模型をプレゼント! 川崎市K-HOUSE | トップページ | 耐震工事は最終段階に入っています »

2010年11月 9日 (火)

外壁に構造用合板が張られました。

外壁に構造用合板が張られました。

通常新築の場合構造用合板は厚さが9ミリか12ミリですがここでは24ミリタイプの厚板を使っています。強度の問題と同時に仕上げの納まりも考慮して、です

下地に使う合板でも最近はすべて四つ星印のホルムアルデヒトなしタイプです。

通気用に穴も空けられています。

Img_2158

Img_2160

Img_2163

Img_2162

伝統建築は束立て式で床下は通通ですが耐震壁で補強するた通風が少なくなります。通風が少なくなると湿気が抜けません。通風開口は必須です。

Img_2155

足元部分も固まってきて、防腐剤が塗られました。

*防腐剤を塗った足元です

Img_2253

Img_2195

*鴨居の埋木です、塗装をかけて仕上げます

内部もだいぶ進みました、下がり壁を補強のために構造用合板をはります。それにあわせて鴨居の高さを上げました。

通常伝統的な住宅では鴨居の高さは1800以下です。最近は日本人も背が高い人が増えてきましたので1800では頭が当たる人もいます。補強をするための改修ですが同時により使いやすく直すことにしました。ちなみに私どもの事務所のドアの標準高さは2.0mです。

この時代の梁は丸太を使っています、丸太の曲線にあわせて構造用合板を張ります、結構手間が掛かる仕事です。

Img_2207 

小屋梁が曲げ破壊が始まっていた部分に補強の柱を入れます。

梁が丸太で曲がっているために埋め木の高さも全部違いますし、左右の高さも違います。

手作りの様子が良くわかります。

Img_2179

天井裏の写真です。竹の上に藁を敷いてその上に土を乗せてあります。

前回ご紹介した屋根裏の下の部分です。竹はまだまだきれいです。

Img_2196

内部耐震壁を追加した部分です。壁の厚さなどの納まりでここは鉄筋をクロスさせた納まりです。このように耐震壁を構造検討によって何箇所か設置しました。

Img_2201

ちょっと分かりにくい写真ですが、柱も何本か追加されました。ヒノキの柱です。

Img_2214

床下の改修もほぼ完了です、ここの床下地材は劣化がありませんでした。

そのままの床下地材を元に戻します。

Img_2224

130年の間に木は乾燥して隙間ができます。隙間のできた部分に補強プレートを入れていきます。写真の真ん中で横長に光っている板がステンレスの補強プレートです。

前回小屋裏でご紹介した方法と同じことを小屋梁にも施します。

Img_2226

Img_2227

構造用合板の耐力壁と柱補強の部分です。壁の力をいくら強くしても柱が抜けてしまっては何もなりません。壁の強さと同時に柱の引き抜きに対する強度も同時に確保します。

建築業界のイベントで毎年壁の強さを競うコンテストが実物実験で行われます。楽しいイベントです。ここの参加するメンバーの中で壁の強さだけに注意がいってしまい柱と土台のつながり具合に注意をおろそかにしているグループが毎年います。

壁は壊れないのですが柱が抜けてしまい建物としては×です。

全体のバランスが重要です。

何かに特化しすぎるとそれによる影響がどこかに出るのは建築も同じです。

Img_2225

床下の湿気がひどかったために全面改修することになった部屋です

束石用のコンクリートが固まってきました。

|

« 模型をプレゼント! 川崎市K-HOUSE | トップページ | 耐震工事は最終段階に入っています »

耐震補強+リフォーム」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 外壁に構造用合板が張られました。:

« 模型をプレゼント! 川崎市K-HOUSE | トップページ | 耐震工事は最終段階に入っています »