« 耐震工事は最終段階に入っています | トップページ | 川崎市K-HOUSE 1-地鎮祭 »

2011年1月12日 (水)

耐震工事が終わりました

昨年の暮れ、耐震補強が完了しました。

130年の建物はこれからも行き続けることができる強さを確保しました。

伝統工法で建てられた家でしたので、束石の上に柱が載っています。そのため多くの柱の下の部分は腐朽菌の被害にあっていました。以前のこのブログでもお話しましたように腐朽菌の被害にあった部分は切り取って新たな柱に付け替え、壁には鉄筋の筋違いをクロスに入れました。鉄筋16ミリに太さなので壁土を削るだけで壁の中に納まります。出来上がってしまえば中に何があるかわからない状態に仕上げられます。また、意匠を意図した壁は構造用の内装用合板をそのまま見せた部分もあります。この壁は木ですから掲示板としても使えるよう画鋲をどこにでもさせるようになっています。

4

内装用構造合板の壁、小さな穴は隣室の換気用

第二期工事が今年始まる予定です、60年前に葺き替えた瓦屋根が瓦の劣化と同時に瓦をとめてある葺土が経年変化で粘着力が劣化してきました。今回は金属板に葺き替える予定です。金属板に変えることによって瓦より耐久性を上げることと軽量化を図り、より耐力のある建物のする試みです。

Photo

屋根全景:大屋根部分は今年改修工事を行う予定

これからもこの建物は建物を使っていく人が大事にすればするほどに使い続けることができる建物になっています。今後内装もリフォームすることが可能です。

2

すっかりきれいになった内部、下がり壁は耐力壁になっている

柱が1本追加されました

木造建物には建物そのものの寿命は建物にはないようです。

木造建物の寿命は、それを使う人が使い方の中で決めるもの、ということを実感した現場でした。

|

« 耐震工事は最終段階に入っています | トップページ | 川崎市K-HOUSE 1-地鎮祭 »

耐震補強+リフォーム」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 耐震工事が終わりました:

« 耐震工事は最終段階に入っています | トップページ | 川崎市K-HOUSE 1-地鎮祭 »